大型ステンレス水槽、ステンレス配水池の三成鉄工株式会社の沿革です。

三成鉄工株式会社
沿革
昭和33年(11月) 設備機器設計制作及び配管工事を営む目的を以って前代表取締役藤原修が、藤原鉄工所として創業。
昭和36年 営業規模拡大により法人組織に改め
三成鉄工株式会社と改称し、資本金1,200万円。
昭和37年 労働省全溶接製造許可工場を得る。
昭和37年 建設業者登録を得る。
昭和42〜44年 本邦最初日本原子力賀発電所の冷却水配管工事施工、
及び各種タンクを製造する。
昭和43年 業務拡大に伴い工場を拡張する。
昭和50年 設備充実化に伴い事務所、工場を改築、新設する。
昭和54年 東京営業本部を開設する。
昭和58年 琉球大学医学部に於いてステンレス鋼製受水槽(日本最大)
3基2,500屯を設置する。
昭和59年 ステンレス鋼製キットタンク(ねじ締)の販売を開始する。
平成3年 (社)ベターリビング認定を得る。
ホーム 会社概要 業務内容 沿革 許認可 活動報告 お問合せ
Copyright (C) 2006 三成鉄工株式会社 All Rights Reserved.有限会社一番館